奥沢コート・エコハウス

Okusawa Court Eco House 

Photos:  黒住 直臣

(注記付の写真:KHアーキテクツ)

O01_E1A5999.jpg

所在地:東京都世田谷区

主要用途:店舗併用住宅

延床面積:115㎡

施工:株式会社 木心

​不動産/ファイナンス・アドバイザー:創造系不動産

断熱グレード:HEAT20G2グレード

エコ仕様:高性能グラスウール+付加断熱材、気密材、高断熱樹脂サッシ、

     熱交換換気システム、ガス潜熱回収型給湯器

​工事費価格帯:4000万円台

自由が丘にほど近い住宅地に建つ、店舗併用の二世帯住宅です。敷地は奥行きの長い形状をしており、店舗と親子2世帯のそれぞれに適切な住環境をつくることが課題となりました。また、元々の住まいが寒暖差の激しい古い家屋であった為、寒暖差が少ない快適な温熱環境とすることが求められました。

こうした課題に対し、平面計画は中庭形式として、敷地奥側の居室に対して中庭(コート)から採光通風が得られるようにしました。このコートを中心として親子2世帯が緩やかにつながり、細長い空間を巡るに従って個別に設えられた空間の様々なシーンが展開してゆくような計画としています。コートを介して緩やかにつながった各空間の境界にはアーチ状の開口部を設け、領域を暗示し意識を切り替える結節点となるようにしています。また各所に出窓を設けて内部の表情を外部に表出しつつ、時に窓辺でくつろげるようにし、内部と外部、家族間のコミュニケーションが生まれるような場所をつくりだしています。こうした空間的な仕掛けにより、住空間を通じて緩やかな距離感を保ちつつコミュニケーションが取れるような住宅となることを意図しました。

また温熱環境ではHEAT20G2グレードの高気密高断熱仕様とすることで、住宅全体に極端な寒暖差が生じないようにしています。開口部には北米エリア発祥の樹脂サッシを採用し、特徴的な格子窓を意匠上のアクセントとしています。仕上材には天然木やしっくい材を多用し、ナチュラルな雰囲気をつくると同時にシックハウスに配慮したクリーンな室内環境をつくるようにしています。

総じて、シンプルな意匠とエコ仕様のバランスを取りつつ内外部に対して緩やかに開かれ、住まい手や街に対して優しい環境を提供できるような都市住宅となることを目指しました。

O02_E1A4587.jpg

​南側道路外観。1階は雑貨店になります。

O03_E1A4620.jpg

外観全景。木仕上げを各所に用いて柔らかな雰囲気にしています。

O04_1_E1A4684.jpg

​南東側外観。

O04_2_E1A4898.jpg

コート全景。奥行きの長い住宅内に光と風を取り込み、動線の要となります。

O04_3_E1A6297.jpg

コートから内部を見る。サッシは認定耐火ガラスによる高断熱樹脂サッシ。

O05_0_E1A5922.jpg

エントランスからホール、階段をみたところ。

Photo by KHアーキテクツ

O05_2_DSC_2184.JPG

​2階ホールからコート側をみる。出窓から内部の表情が緩やかに表出します。

Photo by KHアーキテクツ

O05_3_2161.JPG

ホールからリビングをみる。アーチにより緩やかに空間を分節しています。

O06_E1A6230.jpg

リビング全景。上部はロフト。壁面はしっくい仕上げ。

O07_1_E1A6140.jpg

ダイニング側からリビングの出窓廻りをみる。

O08_E1A6074.jpg

リビングの出窓廻りディテール。

O12_E1A5810.jpg

2階寝室からホール側をみる。

Photo by KHアーキテクツ

O13_DSC_2175.JPG

親世帯リビングからコート側をみたところ。コートから光と風を取り込みます。

O14_E1A5961.jpg

​親世帯のリビングと寝室。

O15_E1A5895.jpg

1階寝室からホール側をみたところ。

O16_E1A5888.jpg

1階の雑貨店。

Photo by KHアーキテクツ

O17_DSC_2203.JPG

2階の洗面所。

O18_E1A6100.jpg

2階浴室。天窓を設けており、自然光を取り込みます。

O19_E1A4912.jpg

​西側夜景。コート上部の外部階段から屋上テラスへアクセス出来ます。

O21_E1A4920.jpg

​南西側夜景。各部の出窓から内部の表情が緩やかに滲み出ます。