top of page

Arts+ECO ー  情緒豊かな意匠とエコロジカルな性能が調和した住まいを目指して
 

IMG_0094.jpg

沖縄の古民家・中村家住宅。縁側から中庭、林、空へとつながる空間。1800年代

DSC_1135.JPG

フィンランドの建築家アルヴァ・アアルトによる「夏の家」。室内から中庭、森、湖へとつながる空間。1953年

IMG_4740.JPG

日本のモダニズム建築の巨匠・前川國男による「前川國男自邸」。シンプルな木造によるモダンな空間。1942年

IMG_0217.JPG

​日本のモダニズム建築の祖の一人、アントニン・レーモンドによる「井上邸」。和と洋が融合した簡素な空間。1952年

 

情緒豊かな意匠エコロジカルな性能が調和する住まいを創る。

 

この度は、当事務所のウエブサイトにお越しいただき、ありがとうございます。

代表の林謙太郎と申します。

一般的に、建築家のつくる住宅についてデザインは優れているが、夏暑くて冬寒く環境性能が悪い、というイメージで批判されることが多くあります。

一方で、ハウスメーカーや工務店のつくる住宅は性能値やスペックを強調しすぎて、住み心地やデザインがおざなりになっている傾向もあるように思われます。

また、一般的にエコハウスの設計では厳密な論理性や性能値の優先度が高く、意匠性や遊び心のあるデザインが敬遠されがちな傾向があるように思われます。

私共では、こうした意匠性と環境性能のバランスの悪さを解消し、双方が両立した豊かな住まいをつくることを目指しています。

空間の居心地の良さ、豊かさとは、視覚的なものから温感や触覚、嗅覚、聴覚、味覚といった五感の多様な指標から得られるものですが、そのいずれかに偏ることなく、トータルとして空間の居心地の良さ、豊かさを意匠とエコ性能の調和によりつくることが重要と考えています。

冒頭の写真で紹介したような、古今東西の名作といわれる建築の住空間は、いずれもシンプルでありながら情緒豊かなデザインと、周辺環境との調和や融合、温熱環境を含めた居心地の良さが感じられる、エコロジカルなスペックや工夫を兼ね備えているものが多くあるように思われます。

また、私がスタッフとして学んだ建築家の事務所では、世界中の建築や先人の教えに学びつつ、環境に呼応する建築を様々な方法で真摯に探究していました。

 

そして、2011年の東日本大震災で体験したエネルギー危機や、年々厳しさを増してゆく気候変動を日常生活の中で実感するにつけ、より切実に環境や省エネ、持続性に配慮した設計に本格的に取り組む必要性を強く感じるようになりました。

「アーツ+エコ」というコンセプトは、こうした個人的な経験や思いを踏まえてまとめたものです。

情緒豊かな意匠とエコロジカルな性能を兼ね備えた住まいは、大きな安らぎと安心をもたらしてくれるものと信じております。

また、こうした住まいを創り続けることで、次の世代へと引き継くことが出来るような、より持続可能な街や社会を構築することに貢献できるものと考えております。

​​ここまでご一読いただき、ありがとうございました。

いつの日にか皆さまと共に、協働しながら住まいを創る機会が訪れますことを、楽しみにしております。

IMG_8509.JPG

府中エコ・コートハウス:日当たりの良いシンプルな木質空間の、HEAT20G2(断熱等級6相当)の住まい。

22_37A9414.jpg

阿佐ヶ谷ライト・エコハウス:光庭と吹抜けから光と風が抜けてゆく、HEAT20G2(断熱等級6相当)の住まい。

O01_E1A5999.jpg

奥沢エコ・コートハウス:多彩な窓から多彩な光が入る、HEAT20G2(断熱等級6相当)の住まい。

bottom of page