​シンプル・エコ ー  シンプルな美しさとエコロジカルな調和のある生活を目指して

 

古今東西の名建築に見られる「シンプル・エコ」な空間の事例

​京都・圓通寺の縁側空間。縁側から庭園、借景をした山並みへとつながってゆく空間。17世紀頃

フィンランドの建築家アルヴァ・アアルトによる「夏の家」。室内から中庭、森、湖へとつながる空間。1953年

日本のモダニズム建築の巨匠・前川國男による「前川國男自邸」。シンプルな木造によるモダンな空間。1942年

​日本のモダニズム建築の祖の一人、アントニン・レーモンドによる「井上邸」。和と洋が融合した簡素な空間。1952年

「シンプル・エコ」とは、上質で飽きのこないシンプルな美しさと、省エネや自然素材に配慮したエコロジカルな調和のある空間を目指すデザインのことです。

無駄なモノを排し本当に必要なモノを吟味し選び抜いた、シンプルな空間をつくることは、日常生活の質を向上させるひとつの有効な方法と考えています。

また、省エネや自然素材の使用といったエコロジカルな環境への配慮が、温暖化などのグローバルな環境問題への貢献のみならず、温感、触覚といったより身近な感覚における空間の質の向上に大きく寄与すると考えています。

空間の快適さ、豊かさとは、視覚的なものから温感や触覚、嗅覚に至るまで多様な指標から得られるものですが、そのいずれかに偏ることなく、トータルとして空間の快適さ、豊かさをシンプルなデザインによりつくりだしたいと考えています。

一般的に、空間のデザインにおいて視覚環境の快適性の比重が高すぎると温熱環境の快適性が損なわれる傾向があります。

例えばガラスを多用した透明性の高い建築は、内外が一体となってつながるような美しさをつくりだしますが、室内の気温は莫大な空調エネルギーを費やして補正されることがほとんどです。

こうした過度に視覚性を追求した住空間では、省エネや温熱環境的な視点でみると適切でないケースが多分にあります。

​一方で、熱環境の性能を重視して数値化できる仕様や指標の達成に偏りすぎると、きゅうくつで息苦しく視覚的な快適性が損なわれた住空間になるケースが多く見受けられます。また環境配慮型の建物になるほど、設備機器や空調の為にスペースを十分に確保する必要があり、面積や高さが厳しく制限される都市部の建物においてはそうした技術の導入が困難なケースもあります。また初期費用もそれなりにかかるので、導入がより難しくなるケースもしばしば起こります。

KHアーキテクツは、建物をシンプルにつくることで過剰な視覚的要素や設備スペックを排し、諸条件の中で最適化された、「シンプル・エコ」な建物をつくることを目指しています。

こうした考えは、冒頭にて紹介したような古今東西の名建築といわれる建物を訪れて体験し、感じた中から生まれたものでもあります。様々な建築を巡り歩いて体感するうちに、私自身が感じる良い建築の条件として、いずれも「シンプルでエコロジカル」な環境を創り出していることが重要な条件であることに気づきました。

そして、こうしたデザインの原理を自分自身の設計の中にも取り込んでゆきたいと考えるようになったことから、「シンプル・エコ」というキーワードを掲げて日々の設計に取り組んでいます。

トータルとしての空間の快適さ、豊かさを、無駄を排して本当に必要なモノやスペックを吟味し選び抜いた、シンプルなデザインによりつくりだす。

「シンプル・エコ」な空間づくりが私共の信条です。

皆さまとご一緒できる機会が訪れますことを、楽しみにしております。

​「シンプル・エコ」のデザイン方法

 

シンプルで明快なデザインにする

シンプル・エコの建築では設計の意図がすぐにわかり、使い手が直感的に理解できるような単純明快なデザインをすることでユニバーサルでより使いやすい生活空間をつくることが重要と考えています。また日射や通風等を考慮すると自ずと建物の形状が導き出されます。例えば、伝統的な日本家屋は南側に庭に面した縁側があり半屋外の空間をつくりだしていますが、これは四季を通して快適な採光や通風を得られるように工夫されたものです。​こうした自然の摂理を活かした上で形状を決めてゆくことで明快なデザインとなり、快適な空間が生まれると考えています。

04_E1A2124.jpg
04_E1A7443.jpg
Midorino000.jpg
Midorino03.jpg
10_37A9242.jpg

日当たりと風通しの良い空間をつくる

シンプル・エコの建築では機械的な温熱環境のコントロールに頼りすぎないことが重要と考えています。

日当たりと風通しの良い空間をつくることは、省エネに寄与するだけでなく心理的な効果も大きいと考えられます。

​例えば、適切な大きさと位置に設けられた窓や天井が高く吹き抜けた空間、部屋同士が緩やかにつながった空間等によって日当たりと風通しの良い空間はつくることが出来ますが、こうした方法はデザインと直接的に関連があり、心理的な開放感にもつながってきます。

​基本性能を高める

シンプル・エコの建築では建物本体の基本性能、特に耐震性や断熱性といった数値化できる性能を向上させ、耐久性や省エネ性能を高めることが重要と考えています。耐震性能は耐震等級2ないし3、断熱性能は民間規格であるHEAT20のG2レベルを基準としています。G2レベルは温暖地域で冬季に概ね室温13℃を下回らず、H28省エネ基準より約50%の省エネ性能となる断熱レベルに相当します。

高性能の耐震性や断熱性能を得る為には構造体に大きな部材を使用したり、壁・天井内に分厚く断熱材を入れる必要がありますが、建築面積や高さ等の法規制が厳しい都市部ですと生活空間が構造体や壁・天井の厚みにより削られてしまうというジレンマが生じます。また断熱にかかるコストも相対的に高くなるので、バランスを考慮しつつスペックを決定してゆくことが重要と考えています。

IMG_5740.JPG

HEAT20G2グレードの高性能グラスウール、断熱樹脂サッシ、気密シートを施工したところ。

構造体は構造計算をした上で柱・梁といった部材のサイズを決定しています。

エコロジカルな素材を使う

シンプル・エコの建築では天然由来の素材を重用し、その良さを活かすような空間づくりを重視しています。天然由来の素材はその質感の良さや吸湿性や脱臭効果といった性能面からも生活空間の質を向上させることが出来ます。例えば、珪藻土やしっくい等の素材による左官材はしっとりとした質感やシックハウスの予防という点から室内の仕上材として非常に有効といえます。KHアーキテクツではコストやメンテナンス性に配慮しつつエコ素材を積極的に採用しています。

KP5L7057.jpg
28_E1A7565.jpg
020_9162.jpg

和紙クロスを張り込んだ造作家具

​珪藻土による左官で仕上げた壁

​天然オイルによる床フローリング、和紙を貼った壁面、障子

KHアーキテクツ株式会社

〒153-0042  

東京都目黒区青葉台1-22-5-5A

Mail: info@k-h-arch.com

Tel: 03-6416-5626  Fax:03-6416-5627

Business Hours / Mon - Fri  10:00 - 19:30

© 2020 by KH architects, Inc.  All rights reserved.

  • グレーブロガーのアイコン
  • Instagram
  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーのアイコンHouzz